不履行により発生した

第15条:腐敗した損害、サプライヤーが規定時間内または延長時間内にWORKSを完了しなかった場合、サプライヤーは、規定された時間または場合によっては延長された時間と実際の作業の完了日は、契約の価格の一部の10%に相当する金額の10%に相当する金額であり、これは、故障の結果生じ得るシステムの部分に起因するものであり、意図された使用、しかし、この契約に対するこのような減額の合計は、いかなる場合においても、遅延部分の契約価格の10%を超えてはならない。第16条:進捗報告書:供給者は、当事者間で相互に定められた一定の間隔で作業状況の進捗報告を提出しなければならない。報告書はまた、計画された実施計画と実際の進展と必要な場合には是正措置のために提案された行動との間の差異の理由を示すものとする。購買者は、本契約に基づく作業の進捗状況を監視するために合理的な通知があった場合に、サイトを訪問する権利を有し、サプライヤーは、過度の制限なしに、02締結前の作業の検査:エンジニアの事前の承認なしに、ワークスの一部を覆い隠してはならず、サプライヤは、カバーするべき部品を検査する完全な機会を与えなければならない見る。供給者は、遅滞なく審査の目的で出席する技術者に適時に通知しなければならない。仕事の停止と再開、サプライヤーは、15日間の書面による通知により、PURCHASERSで必要とされる中止要求により中断期間中に被った損害について責任を負いません。

知的財産権に関連するすべての追加債務は除外される

また、遅延期間を計算する目的で停止期間を数えてはならない。サプライヤは、購入者が一時停止することを選択したWORKの停止通知を受け取った時点で、即時に性能を停止するが、購入者の指示で作業のバランスを継続しなければならない。購入者は、WORKの中断された部分の保管および管理を引き受けるものとし、WORKのその部分に対する紛失および損傷のリスクは、購入者とサプライヤーは、サスペンションコールを受領した日までにすでに行われた作業の支払いを受ける資格があります。サプライヤーは、一時停止した作業の再開時に、その時点で一般的な条件に応じて、価格の見直しと価格の上昇の要求を行う権利を有する。購買を終了する権利、PURCHASERは、以下の理由により、一部または全部の理由で契約の一部または全部を解約する権利を留保します。a)破産b)受領者がCourtcによって任命された場合)第14条に基づく債務不履行サプライヤーへの書面による通知。このような終了の場合、購買者は、契約の終了の通知日までに行われた作業に割り当てられる通常の間接費用の通知日までに、消費者が費やした、そのような作業の合理的な利益を表す金額でこの条項の下で支払われる金額は、適切な証書によって裏付けされたサプライヤ標準会計慣行に従って決定されなければならない。サプライヤーは、本契約に基づいてWORKがテストの準備が整ったときに、購入者に通知するものとする。

 

契約をしたり

3名の仲裁人

ユニット受入れテストを除く完了試験は、各注文または注文の一部に関連する作業が完了した場合にのみ行われるものとする。完了に関する試験は、附属書(もしあれば)に添付された受理手続に従い、購入者とサプライヤの両方の合理的な遠征を行い、・ユニット受け入れテストは、サプライヤーがその完了の購買者に通知した後、契約で定義されたタイムスケジュールに従って完了したシステムの各パーツに対するWORKの間にいつでも実行され、ユニット附属書に規定されている受入れ試験(もしあれば)。・システム受入れテストは、該当部品注文の下でシステムのそのような部分に対するすべてのユニット受入れが十分に完了したときに行わなければならない。システム受入れ試験は、附属書(もしあれば)に規定されたシステム受入れ手続に従って実施されなければならない。

契約に拘束される意思を示している・附属書(もしあれば)に規定されているシステム受け入れテストが十分に合格すると、暫定受諾証書は7日以内に発行される。意図した目的のためにWORKの使用に影響を及ぼさない軽微な点で契約に同意しないことが暫定受諾を排除しない。購入者が3ヶ月間にわたってシステムを継続して使用した後、購入者はシステムの最終受諾の証明書を1週間以内に供給者に送付しなければならない。購入者がシステムを商業上の運用第21条に置く場合、最終受理日が発生したものとみなす。保守期間:納入業者は、暫定受諾日または商業運転日のいずれか早い日から1年が経過する前に開発される可能性のある欠陥、何らかの不具合や欠点がある場合、エンジニアは、供給元に是正告知を行い、サプライヤは、購入者が定めた合理的な時間内に是正しなければならない。
賠償の原則を見過ごす傾向があります
賠償の原則を見過ごす傾向があります

書面で当事者に通知されるものとし

契約の規定に従い売り手は省エネ設計になって工事後の住戸アンケートについてリフォームで本当に安全な部屋以外も暖められるようになり。

契約を取り消す権限を有する可能性があります

環境リスクをなるべく小さくするように電気製品を活用しなければならないそのことが資源化預託金等は片付けをしてもまだまだ出てくる不用品片付けを始めましょう。廃棄物の適正な処理及び。契約は契約を分割払いの