書面で差異があることを示唆した場合そのバリエーションの情報を受け取ってから2日以内に通勤する

裁判所または財務に重大な悪影響を及ぼす可能性のあるその他の権限ある当局の前に借入人のその他の事務または
現在装置が設置されている使用環境条件は非常に良好であり、第2者はAMCの対象となる装置の作業環境に関していかなる条件も提起しない。メンテナンスコールの応答時間は2時間2を超えないようにしてください。システム停止時間は、苦情がなされた時点から72時間を超えてはならない。停止時間が72時間を超える場合、第2のパーティは待機システムを提供する。故障報告日から72時間以内にシステムが修理されないか代替システムが供給されない場合、第1当事者は、他の機関によって修理または交換されることを選択することができ、その中で発生する費用および支出は第二のパーティ2から回復可能、第2者はデスクトップやその他の機器の95%の稼働時間を保証し、第1者の提案したペナルティが課せられます。
契約者が完全に効率的かつ満足に実行しなかった場合にそのような要求で指定されている場合に限り
しかし、ペナルティを科す前に、ファーストパーティは、ショーダウンの原因の通知を出し、ダウンタイムの詳細を述べる。また、第2者に課されるべき罰金が含まれます。第3条:セキュリティ預金、第二当事者は、契約に署名する時点で第一者に保証金としてAMC額の10%を預けなければならない。この金額は、本契約の決定または満了時に第1当事者によって第2当事者に払い戻されるものとする。第4条:支払い条件、年間の総メンテナンス費用はルピーメンテナンス契約は3ヶ月ごとに行われます。この目的のために、第三者はファーストパーティーの名前で請求書を提出し、請求書の受領から30日以内に支払いを行う必要があります。包括的なメンテナンス費用は、第三者に支払うものとします。税務上の義務や部品の価格の増減等、AMC期間中のAMC料金には影響しません。上記4の結果として差額は支払われないものとする。

契約者は雇用者の
第三者による保守サービスの不十分な実施の場合、第一者は、第二者第五条により預託された担保に比例した金額を1月に通知し、これを没収することにより本契約を終了する権利と裁量を有するものとする。第2党は、政府のロックアウトストライカーの暴動による暴動は、戦争を含むいかなる部分の支配をも超えた政治的理由による禁輸措置によって、地震ハリケーンや民事訴訟を起こす(宣言されているか否かにかかわらず)内戦または暴動の状態は、そのような事態が発生してから15日以内に他の当事者に通知しなければならない。妥当な管理の範囲を超えて作業の実行を遅らせ、その部分の過失または不履行によるものではない。不可抗力の通知を受けた当事者とその当事者は、政府機関または代理店または商工会議所の証明書の形式でその事実の確認を提供する。当事者は、不可抗力の事象が継続する限り、本契約に基づくそれぞれの義務を免除するものとし、上記のような不可抗力の事由によりその履行が影響を受ける範囲において、上記の通知が与えられ、不可抗力の事態は上記で提供される。第6条:システムの可用性、システムダウンタイムが誤った取り扱いやシステムの誤動作によるものであるかどうかに関する紛争が発生した場合、その問題は決定のために参照されます。最終的に両当事者を拘束する。第7条:配属、第二の当事者は、書面による同意なしに、本契約書またはその一部またはその利益を本契約に譲渡してはならない。第一党)から他の当事者へ第八条本契約のこれらの条項の解釈および適用に関する当事者間に生じた疑義紛争または相違が生じた場合、そのような紛争または相違は、相互協議により友好的に解決され、そうでない場合は、仲裁両当事者に、この点に関する合意への仲裁の決定は最終的なものとなる。

書類およびこれにより意図された取引は真実で完全かつ本物である
不履行の告知賃借人に当該敷地の空きかつ平和な料金を返還することを命じる賃貸人に賃借人に賃貸人を譲渡させた場合は

当事者は、仲裁手続中に本契約に基づく義務を履行し続けるものとする。仲裁のための会場は、第9条:契約、両当事者によって署名された本明細書のスケジュール(該当する場合)を有する本文書は、両当事者を拘束する完全な合意を構成するものとする。この契約は2つの原本で英語で行われており、各当事者は1つの原本を保持しています。この契約の当事者のそれぞれが、本契約を最初の月および最初の年の最初の締約国のために、またService Receiver Second PartyForの代理として、およびService ProviderNameの代理として実行させたことを証明しています。指定:(Rubber Seal) :指定:(ゴム印)証人ISソフトウェアライセンスの存在下では、デジタル素材の許可された使用に関連する法的権利が記述されています。ソフトウェア使用許諾契約の条項に従わない場合は、免許を有する知的財産(IP)および著作権のある素材に関連する刑事訴訟が発生することがあります。無料およびオープンソースのライセンスには、金銭的な使用料のないフリーソフトウェアが含まれますが、一般に購入されたソフトウェアはプロプライエタリライセンスで販売されていますが、多くの法的専門用語がありますが、多くのライセンス期間の詳細は法的根拠がなく、1 ii ii)ソフトウェア使用許諾契約書 (形式)。

契約で使用される見出しは

契約の一部または全部が無効または執行不能であると判断された場合そのそれぞれが別個であると宣言されている他の
最終受諾とは、受領証明書が購入者によって発行されたとき、またはシステムが商業運転に投入されたとき、設備とは、本システムに含まれる設備、サイトは、附属書(もしあれば)に明記されている実際の場所を意味するものとし、システムまたはシステムの一部が設置され、設置され、試験された場所、加入者とは、システムの使用のためにPURCHASBRに加入した者、システムとは、設置されて設置され、設置され、試験された設備全体(他の機関によって供給される)。地域とは、この契約に固有のさまざまなサイトを意味します。ユニットテストとは、システムが購入者に引き渡される前にシステムのあらゆる部分をテストするために、サプライヤが個別にテストを実施することを意味します。作業/作業は、システムを商業運転に適合させるためのシステムの設置試運転試験を意味する。第2条:契約の範囲:契約の範囲には、本契約の附属書(もしあれば)に定められたインドにおける現場での設備の設置試運転および試験に関する本明細書に記載された特定のWORKSの実行と、インドに附属書(もしあれば)第3条:共同作業価格:WORKの価格は、附属書(もしあれば)に従うものとする。第4条:契約パフォーマンス保証:契約者は、契約締結日の30日以内に、購入者に10%の金額のパフォーマンス保証を提供し、または適用可能な場合)、契約の正当で忠実な履行のための保証として、国際銀行またはインド銀行による評判の取消不能かつ無条件の銀行家保証の形で、この履行保証は発効日から30日以内に効力を生じ、最終合格証明書の発行または商業上の操作のいずれか早い時期に満了する。
契約が解除された場合インド企業は直ちに当該
そのような性能保証に関連するすべての費用は、サプライヤーが専ら負担するものとします。第5条:実装計画:サプライヤは、附属書(ある場合)の実施計画のタイムスケジュールに従って厳密に作業を行うものとする。第6条:支払い条件:支払いは附属書に規定されているものとする(もしあれば)。BILLINGサプライヤーは、WORKS完了時に登録されたオフィスのPURCHASERに請求書を提出しなければならない。提起された請求書は、附属書に定める契約価格に従うものとする(もしあれば)。税金と義務:購入者は、源泉徴収税の控除を担当するものとします。

契約条件の完全かつ排他的な陳述を構成し修正または変更は有効でなく有効であるこの間両当事者の決議又は通知により
彼は、In-come tax Act1961に規定されている規定およびそこに枠つきされている規則の観点から、源泉徴収されたそのような税金の証明書を発行する義務を負う。第7条:割り当てとサブレーティング、サプライヤーは、不当に保留されない購買者の同意を得て、契約のいかなる部分もサブレット化することができます。契約のサブレッティングは、契約に基づく責任または義務から供給者を救済してはならず、また、行為の不履行または過失である場合には、代理人代表者の従業員または労働者の完全な不履行および不履行に責任を負う。その代理人の代理人または労働者、サプライヤーは、購入者の書面による事前の同意なしに、契約書またはその一部、またはその中またはその中の利益または利益を譲渡してはならない。第8条:作業と安全に関する規則、サプライヤによる試運転および据え付けに使用されるすべての材料は、インド/国際規格に適合しなければならず、そのような規格が存在しない場合、サプライヤは、これらが絶対安全であることを保証する。すべての機器は、製造業者の取扱説明書および安全に関する指示に従って、またこの点に関するガイドライン/規則に従って、サプライヤによって操作および維持されなければならない。

権利または法的関係を明記する宣言的裁定です
契約に基づく違反または

サプライヤーは、作業員の資材や工場、または作業現場の作業員全員の安全を確保しなければならない。供給者は、関連する法律で要求されるすべての安全通知と安全装置も提供するものとする。建設/建設またはサプライヤーが行ったその他の関連活動中に事故が発生し、従業員が何らかの理由で軽微または重大な傷害を負う場合は、サプライヤーが責任を持って速やかに購入者および関連する法律に基づいて指名されたすべての当局。サプライヤーは、本契約に基づいて責任を負う安全上の理由により軽微な事故が発生した場合、WORKの停止に対する損害/補償を受けることができず、そのような作業の中断は、サプライヤーの責任の一部タイムリーなWORKSの完了、サプライヤーは、労働者の従業員および機器の安全に関するすべての安全規則および関連する法律の関連規定、第9条・保険:WORKの適切な保険範囲を提供するために、サプライヤーは、最終契約または商業操作までの間、次の保険の手配をします。すべてのリスク保険は、SUPPLTERSのすべてのリスク保険(CAR)および第三者負債保険(TPL)9から構成されています。