契約書に基づいて当事者が提供または開発したソフトウェアに関して損害

不履行が発生した場合にはそれぞれの期日に貸付金およびその他すべての金銭を支払う
資産の使用または所有権を主張する第三者による請求は、現在未解決であるか、または脅かされています。また、売り手の知識には、そのような請求の合理的な根拠はありません。売り手のパートナー(個々の売り手の能力)は、資産に関する第三者との紛争を示す、または売り手のパートナーを有していないことを示す通知を受けておらず、また認識している個々の売り手の能力)が資産に対するいかなる請求を受領し、売り手の知識には、そのような請求のための合理的な根拠がない。・本契約に基づく資産の購入と、第1条:購入者は、売り手の債権者に対する売り手の義務または義務について、敷地内にあるかどうかを問わず、責任を負わないものとする。売り手:私。・資産の絶対的有益な所有者であり、良好かつ有効な権利を有し、かつ閉鎖に続いてまたはその後に釈放されるような差し押さえを除いて、・資産の所有と処分を独占的に受けることができる。
担保を害するものをしたりで材料の改変およびまたは追加を行うことを許可およびまたは許可する
本契約に基づき購入者に譲渡される資産は、本契約の日付以前に売り手が行ったのと実質的に同じ方法で事業を遂行するために必要なすべての資産の所有権と利益を構成する。資産は良好な状態にあり、使用および年齢を考慮した適切な作業命令(適切な場合)およびそのような資産は適切かつ定期的に維持されている。保険:本契約の附属書(該当する場合)は、資産に関連する販売者が保有するすべての保険契約のリスト(保険契約者の保険金額および保険契約番号の指定)。・そのようなすべての方針は完全に効力を有し、締切日までのすべての期間をカバーするすべての保険料が支払われ、そのような方針に関して取消または解約の通知を受けていない。・そのような方針(a)は、法律のすべての要件の遵守に十分である。 (b)有効で優れた施行可能な方針である。 (c)theAssetsに対して妥当かつ十分な保険範囲を提供すること。 (d)追加的な保険料を払わずに、附属書(もしあれば)に記載されたそれぞれの日付まで有効で有効である。 (e)本契約によって意図される取引のためにいかなる形でも影響を受けたり終了したり停止したりすることはない。

契約の重大な違反を行ったことをお客様が顧客に通知した場合
完全開示:売り手は、購入者が求めたすべての情報を購入者に提供した。資産に関連して購入者に提供されたすべての情報は、すべての重要な点において正確であり、重大な事実または事実は省略されており、かかる情報が誤解を招くものではありません。第4条:閉鎖条件、購入者の条件義務:本契約に基づいて企図された取引を完了させるための購入者の義務は、以下の各条件の締切日またはそれ以前に、購入者による書面または満足の対象となります。・表明および保証:本契約書で作成された売り手の表明および保証のそれぞれは、そのような日付で行われた場合と同様に、)進行中または訴訟なし:本契約に規定されている取引を禁止または実質的に変更することの合法性に挑戦し、拘束しようとする行為は、脅迫されているか、解決されていないか、)売り手の証明書:売り手の締め切り時に、売り手は、売り手のすべてのパートナーが署名した証明書を購入者に届け、締め切り日を明記して、第4条:図1(a)から。・その他の納入:売主は、第2条の要件、第2条第5項の。免責事項売主および売り手の各パートナー(個々の売り手の場合)を締結した後、買主を擁護し、保持することに合意し、その後継者は後任者とそれぞれの役員代理人および代理人すべての損失負債に対する請求損害賠償請求(損害賠償、それに関連する法的手数料およびそれに関連する支払を含むがこれに限定されないものを含む。(総称して請求と呼ぶ) (a)売主の売主は、第1項に従って買主が支払った債務以外の負債を売却する。(c)売り手が支払いを行うことを怠ったこと、および(a)売り手が取引を行うことを要求されなかったこと。本契約に基づく売り手、クレームの通知、第三者のClaimaに参加して守る権利。

契約に関してはそれが有効か強制可能かを確認することを意味します
契約の状況もあります

・買主が売主によって補償された訴訟手続または訴訟の開始または第三者による罰金または査定の課し(第三者請求)である場合、購入者は、購入者は、第三者請求の書面による通知を速やかに売り手に提供しなければならないが、第三者請求の通知を受領してから30暦日後、購入者による第三者請求の売り手への通知が失敗しても、第5項に基づく補償責任を売り手に救済してはならない。そのような不具合が、売主がそのような第三者Claimbを守る能力を著しく損ねない限り。・第三者請求ではない本契約に基づく補償請求は、速やかにその通知を売り手に送付することにより、購入者が主張するものとする。売主が受領後10日以内にそのような通知に応答しない場合は、その請求の有効性に異議を申し立てる権利はない。この協定に関連して発生した又は生じたいかなる紛争又は何らかの相違が生じたときは、速やかかつ誠意をもって、同盟国の親善試合及び和解の見解を交渉しなければならない。紛争または相違が発生した日から15日以内に、良好な解決または和解に至らなかった場合、その紛争または相違は、相互受諾の単一仲裁人に委ねられるものとする。各仲裁人はそれぞれ1名ずつ仲裁人を任命し、2名の任命された仲裁人は1996年のインド仲裁調停法の規定により司法仲裁人として行動する第3の仲裁人を任命する。

契約は違法条項なしで継続して行動することができるため可分性条項を含む

契約は違法な条項なしで引き続き動作することができるため
本契約またはその他の契約書または証書その他の証書のいずれかの当事者への言及には、その承継人または許可された譲受人が含まれるものとする。セクションパラグラフまたはアペンデーションへの言及は、本契約のセクションパラグラフまたは附属書(もしあれば)への言及を反対に指示しない限り、人を表す言葉には、個々の法人企業のパートナーシップ・トラストまたは他のエンティティ、日時に関する言及は、インドの日時の参照と解釈されるものとする。言葉の言葉への言及は、別段の指示がない限り、暦日を意味する、第1条:購入および販売、購入価格、資産の購入と売却売却者は、譲渡譲渡を売却し、買主に譲渡するものとし、買主は、売主から、本契約に記載されている以外の偶発的損害資産の譲渡について全面的に考慮すると、購入者は、売り手に、Rs | (購入価格)。購入価格は、次の場合に売り手の事例および委任時に購入者が支払うものとします。・銀行への貸出金額の総額RsとローンA / cに対する未払金額の合計。敷地内の家主がRの合計を確認することで、__は、賃貸料およびその他の会費に対して支払われた金額であり、決済時の施設売主が自らの費用負担で当局に譲渡した。
契約に基づく債務
、売り手に有利に支払われ、TDS支払いに向かって支払われます。これはMrに支払われた金額から控除するために必要です。(事業)の電気料金に対する未払い総額の合計額を総額とする。・を売り手が支払うことができる銀行の手形、売り手は、第1項に従って支払いを行った後の購入価格の残額(ある場合)。第1条第2項の規定は、売主の書面による指示に基づき、売主の同債権者及び売主の同債権者(売却先及び締切日前に支払う剰余金)に支払われるものとし、さらに、購入者は、第1項に基づいて支払いを行った後に、購入者と利用可能な購入価格の残高の範囲内でのみ、売り手の債権者に支払うことができる。売り手は、上記の購入価格の支払いが、第1項に定められた方法で売り手の指示と権限で行われていることに同意する。その支払は、本契約に基づいて購入された資産について、購入者が販売者に支払ったものとみなされるものとする。

契約書はインドのパートナーシップ法1932独占禁止法の下で結成されたパートナーシップ・ファーム場合によっては
第2条:閉鎖と配達:本契約の実行と同時に(以下、閉じる。資産の購入および売却の終了(クローズ)は、[日付]配送、売り手は、本契約の締結時に購入者に次のものを引き渡した。売り手からの未払い金額の支払いに際して、その金額が合弁会社の手紙で定量化されることを証明する支店または売り手によって有利に作成されたその一部は、売り手からの未払い金の支払いに際して金額が金額に含まれることを証明する。電力委員会からの確認書、売り手からの未払い金の支払いに際して、その金額が定量的であることを証明する敷地の閉鎖日の家主まで、売り手はそれ以上の金額を支払う必要はありません。敷地内の賃貸料に対する確認書のMrfiedからの確認書およびその他の会費は、これ以上支払われず、売り手によって支払われなければならない。第1項の金額の支払い時に、第1条第2項の規定により、購入者は、売り手または売り手の代理人または売り手を代理する者、第1項の金額の支払い時に、購入者は、売り手の責任または義務を負うとはみなされず、売り手の義務または義務について、購入者は責任を負わないものとする。

契約の期間中
書面によりできるだけ早く合理的に実行可能でいかなる場合でも7営業日以内に

購入資産の譲渡と引渡し売り手は、売り手が解約と運送を記録することに基づいて、本契約書に添付されている形式で実質的に売り手に売り手を配達するか、買主に資産を売却し、買主はこれを受領した旨を記録しなければならない、第3条:売り手の表明と保証:売り手とそのパートナーは、これにより、締結日の時点で、購入者を共同でかつ個別に代表し、保証します。売り手は、インドの法律の下で正式に組織されたパートナーシップ・ファームであり、資産を所有し売却し、現在行われている事業を継続するために必要な権限と権限を持っています。権限と権限強制力、売り手は、本契約を履行し、提供する完全な権限と権限を有し、これにより意図された取引を完成させ、本契約の義務を完全に履行する。本契約は、売主が正当かつ有効に履行し、納品したものであり、売主の各パートナー(または売主のパートナー)に対して有効な拘束力のある義務を構成します個々の売り手の)。・本契約書に開示されている場合を除き、直接間接偶発事象が絶対的に発生したか、そうでなければ資産上の請求/請求を生じさせる条件事実または状況が存在しないか、資産に対する未請求または請求はない。・締め切り日に、購入者は資産に対する自由権と権利をすべて所有し、所有権を有します。