権利を持っていなければならないことを意味する

裁判所が知るために十分な条件があるので所有者がこの提案を秤量して受け入れることです
第20条:責任の制限:契約書に明示的に記載されている責任を除き、いかなる場合においても、本契約に関連するいかなる理由によってもPUR-CHASERに責任を負うものではなく、間接的な懲罰的特別または付随的損害予期せぬ、予期しないものを含むが、これに限定されない。データの損失の請求、利益の喪失、設備の使用または入手の中断、第21条:補償、サプライヤーは、サプライヤーから提供された装備の供給の結果として、第三者の特許およびその他の知的財産権を侵害したことに起因する請求に対して、購入者に対して補償するものとします。上記は、侵害がPURCHASERの指定によるものではないという条件で適用されます。サプライヤーは、購入者の行為または不履行によって生じた場合を除き、サプライヤーまたはサプライヤーがこの契約の目的で雇用した者の死亡または傷害に関連して発生したすべての損失費用または請求に対して、購入者に対して責任を負わせ、または購入者の他の供給者、またはそれぞれの従業員もしくは代理人、後者の場合、購入者は、それに関連して発生したすべての損失費用および請求に対する責任を負うものとします。第22条:調停、本契約から生じるまたは本契約に関連して生じるすべての紛争または相違は、仲裁調停条例に従って最終的に解決されるものとする。この条例の手順は、規則が黙っている場合に適用される。仲裁手続に使用される言語は英語とする。当事者の同意を得た仲裁人は時間を拡大することができる。
契約に関して取った保険はおよびその関連会社の潜在的な損失をカバーするべきであることは当事者の意向である
購買者は、仲裁手続のために既に行われた供給のために支払うものを差し控えてはならない。適用法:インドの法律は契約に適用されるものとする。第24条:プロジェクトの資金調達に関するすべての契約条件が確定され、金融契約は両当事者によって署名され、完全に効力を有する。上記の当事者は、上記の最初の日に、それぞれの手とシールを書いたものとします。SupplierNameのために、そして代理人として代理人を代理人として指定します:指定:(ラバーシール)名前:指定:(ラバーシール)証人I1の存在下で、i)資産購入契約 (意味)資産購入契約は、株式ではなく事業の資産のみを売買するための法的契約です。物理的および知的財産を含む対象資産は、補償およびその他の条件とともに契約書に明確に記載されています。

契約を結びこの例では会社と会社との間の代理店
資産購入契約は、事業の全部または一部の支配権を移転し、合意に規定されている負債のみを負債、株式の代わりに資産を購入すると、環境法的安全プロダクトや債務負債などの過去または偶発債務を含む過去の事業履歴からの休憩、ii)購入購入契約書 (形式)この購入購入契約書(本契約書)は、インドのパートナーシップ法1932 /独占禁止法の下で結成されたパートナーシップ・ファーム(場合によっては)。(以下、売り手と称する)は、その代表的な管理者の執行者の後継者であり、利害関係人の法的相続人および譲受人の後継者を意味する。 Andnatory氏、RECITALSインド会社法19XX(該当する地方法)に基づいて設立され、その認可されたsig20XX(以下、買主と称する)は、その後継者を意味するものとし、理事会の正当な権限・VEREASSERは、電子メールやさまざまな種類の電子メールの管理に従事しています。売主が事業を行っていた場所(以下、「敷地」といいます)が売り手Bによってリースされました。PremisesCの所有者であるMrtheの番号、売り手はすべての継手の所有者です備品家具台所用品キッチン用機器空調用発電機配送車両およびその他の配達関連機器コンピュータシステム食器類/食器類のリネンおよびその他すべてのアイテムは、(以下、「資産」という。売り手がRsのタームローンを取った場合バンク、支店の設立コストを満たす目的で支店を設立し、可動性の仮説(家具および備品)で、AssetsEの一部を構成するビジネス(ビジネス)。

契約に従ったフロントエンド手数料およびその他の金銭は貸付
賠償条項が有効であるためには損害額は真正な事前推定値でなければなりません関連性のない損害損害

売り手は、そのようなものとして、売り手は売りたいと思っており、買い手は、以下に関連する売り手の資産に関する以下の条件に従って直接購入することを望む、購入者による一定の支払いを考慮して、このため、ここに記載されている施設および契約および約束を考慮し、受領および充足性が十分に理解されているその他の有益な考慮事項について、各締約国は以下のように同意する。解釈:本契約において、文脈に別段の定めがない限り、単数を示す語は複数を含み、その逆も同様である。見出しと太字の書体は便宜上のものであり、解釈のために無視するものとする。包含または含む語への言及は、制限なく解釈されるべきであり。この契約書またはその他の契約書その他の書類への言及は、その契約書またはその他の書類への言及と解釈されるものとし、時折、それらの内容が変更または補足される場合があります。