契約で使用される見出しは

契約の一部または全部が無効または執行不能であると判断された場合そのそれぞれが別個であると宣言されている他の
最終受諾とは、受領証明書が購入者によって発行されたとき、またはシステムが商業運転に投入されたとき、設備とは、本システムに含まれる設備、サイトは、附属書(もしあれば)に明記されている実際の場所を意味するものとし、システムまたはシステムの一部が設置され、設置され、試験された場所、加入者とは、システムの使用のためにPURCHASBRに加入した者、システムとは、設置されて設置され、設置され、試験された設備全体(他の機関によって供給される)。地域とは、この契約に固有のさまざまなサイトを意味します。ユニットテストとは、システムが購入者に引き渡される前にシステムのあらゆる部分をテストするために、サプライヤが個別にテストを実施することを意味します。作業/作業は、システムを商業運転に適合させるためのシステムの設置試運転試験を意味する。第2条:契約の範囲:契約の範囲には、本契約の附属書(もしあれば)に定められたインドにおける現場での設備の設置試運転および試験に関する本明細書に記載された特定のWORKSの実行と、インドに附属書(もしあれば)第3条:共同作業価格:WORKの価格は、附属書(もしあれば)に従うものとする。第4条:契約パフォーマンス保証:契約者は、契約締結日の30日以内に、購入者に10%の金額のパフォーマンス保証を提供し、または適用可能な場合)、契約の正当で忠実な履行のための保証として、国際銀行またはインド銀行による評判の取消不能かつ無条件の銀行家保証の形で、この履行保証は発効日から30日以内に効力を生じ、最終合格証明書の発行または商業上の操作のいずれか早い時期に満了する。
契約が解除された場合インド企業は直ちに当該
そのような性能保証に関連するすべての費用は、サプライヤーが専ら負担するものとします。第5条:実装計画:サプライヤは、附属書(ある場合)の実施計画のタイムスケジュールに従って厳密に作業を行うものとする。第6条:支払い条件:支払いは附属書に規定されているものとする(もしあれば)。BILLINGサプライヤーは、WORKS完了時に登録されたオフィスのPURCHASERに請求書を提出しなければならない。提起された請求書は、附属書に定める契約価格に従うものとする(もしあれば)。税金と義務:購入者は、源泉徴収税の控除を担当するものとします。

契約条件の完全かつ排他的な陳述を構成し修正または変更は有効でなく有効であるこの間両当事者の決議又は通知により
彼は、In-come tax Act1961に規定されている規定およびそこに枠つきされている規則の観点から、源泉徴収されたそのような税金の証明書を発行する義務を負う。第7条:割り当てとサブレーティング、サプライヤーは、不当に保留されない購買者の同意を得て、契約のいかなる部分もサブレット化することができます。契約のサブレッティングは、契約に基づく責任または義務から供給者を救済してはならず、また、行為の不履行または過失である場合には、代理人代表者の従業員または労働者の完全な不履行および不履行に責任を負う。その代理人の代理人または労働者、サプライヤーは、購入者の書面による事前の同意なしに、契約書またはその一部、またはその中またはその中の利益または利益を譲渡してはならない。第8条:作業と安全に関する規則、サプライヤによる試運転および据え付けに使用されるすべての材料は、インド/国際規格に適合しなければならず、そのような規格が存在しない場合、サプライヤは、これらが絶対安全であることを保証する。すべての機器は、製造業者の取扱説明書および安全に関する指示に従って、またこの点に関するガイドライン/規則に従って、サプライヤによって操作および維持されなければならない。

権利または法的関係を明記する宣言的裁定です
契約に基づく違反または

サプライヤーは、作業員の資材や工場、または作業現場の作業員全員の安全を確保しなければならない。供給者は、関連する法律で要求されるすべての安全通知と安全装置も提供するものとする。建設/建設またはサプライヤーが行ったその他の関連活動中に事故が発生し、従業員が何らかの理由で軽微または重大な傷害を負う場合は、サプライヤーが責任を持って速やかに購入者および関連する法律に基づいて指名されたすべての当局。サプライヤーは、本契約に基づいて責任を負う安全上の理由により軽微な事故が発生した場合、WORKの停止に対する損害/補償を受けることができず、そのような作業の中断は、サプライヤーの責任の一部タイムリーなWORKSの完了、サプライヤーは、労働者の従業員および機器の安全に関するすべての安全規則および関連する法律の関連規定、第9条・保険:WORKの適切な保険範囲を提供するために、サプライヤーは、最終契約または商業操作までの間、次の保険の手配をします。すべてのリスク保険は、SUPPLTERSのすべてのリスク保険(CAR)および第三者負債保険(TPL)9から構成されています。

契約全体の構成と除外条項の特定の表現に依存する

契約書に明示的に記載されている責任を除きいかなる場合においても
労働規定:WORKSに直接または間接に雇用されているすべての労働者に関して、サプライヤーは国家/中央政府または他の地方自治体のすべての法律および規則を遵守しなければならない。労働者の年齢制限:サプライヤーは、児童労働(禁止および規制)のACT 1986年に従って、労働の執行のために労働者として15歳未満の者を雇用してはならない。労働賃金補償を行うための勤労:a)賃金労働者:最低賃金法第一百九十八条の規定及び賃金法の執行に関する法律の規定及び雇用されている全従業員に関する規則WORKSのために)減額補償:WORKSの完了中または終了後にサプライヤーによる労働者の減刑が発生した場合、産業紛争法第1707条またはその他の法律の規定に従って、サプライヤーは減額補償およびその他の給付を支払うものとします。労働災害の報告:サプライヤーは、WORKSで彼が雇用している全ての人の安全を守る責任を負い、すべての事故をエンジニアに報告し、すべての可能な援助と賠償を自分のコスト。サイトの医療施設:サプライヤは、現場に適切な医療施設を提供するものとする。
契約書の株式の購入
平和の保存:供給者は、作業に従事する労働者やその他の者に対して暴力的または違法行為を防止するために必要な予防措置を講じ、最善の努力を尽くさなければならない。プロジェクト組織と協調:サプライヤーは、本契約に基づいてWORKを実施するためのプロジェクト組織を定義し、本契約に基づいて実行される様々なサービスのコーディネーターを、有効日の2週間以内に指名する。・現場事務所の記録:サプライヤーは、すべての図面の仕様書および最新のすべての改訂版を含む補足資料を最新の状態に維持する責任を負う。サプライヤーは、上記の契約のすべての変更の継続的な記録も維持するものとするサイトで実施された文書図面の仕様および補足データ、および契約に基づくWORKの補完には、契約に基づいてインストールされた設備の設置状況を示すデータが組み込まれます。そのような図面および技術データは、必要な部数で購買担当者に提出されなければならない。・サプライヤー・サイト・オペレーター:サプライヤーは、現場の活動計画およびWORKSを実行するためのスケジュール、サプライヤーは、その勃起方法について単独で責任を負うものとする。

契約に従ってアクセスすることができるデータを使用するものとします
サプライヤーが提供する10の施設:サプライヤーは、本契約に基づくサプライヤーによるシステムの設置据え付け試験および試運転に必要なすべてのツールおよびテスト機器を持ち込む責任があります。財産の保護:サプライヤーは、人および財産に対して適切な保護を提供するための障壁看板警告灯や警報などの必要な安全装置の提供を保証する。供給者は、購入者の作業中に当該財産および公益施設が損傷を受ける可能性がある場合には、購買者および公的または私有財産および公益事業者に合理的な通知を行う責任を負い、その購入者との間で、またはそのような財産およびユーティリティの交換または保護、第12条:設計図と設計データ バリエーション/修正/エラー:PURCHASERは、サプライヤが予約をしているサプライヤに書面で差異があることを示唆した場合、そのバリエーションの情報を受け取ってから2日以内に通勤する。PURCHASERがそのような変動を依然として主張している場合、サプライヤーは当事者間で相互に合意された条件に従った変更を行わなければならない。当事者間に仲裁がない場合は、第26条第13条に基づき仲裁に言及する。 WORKSを実行するために必要な場合は、サプライヤは、自らの費用で契約の履行を外国の監督者に届けなければならない。

契約に基づくの遵守を確認するために必要な
契約のもとでの損害

パスポートビザの費用、およびインドから出入国するためのその他の旅費は、SUPPLIERSの口座になります。PURCHASERは、サプライヤの外国人の搭乗者に対する搭乗/宿泊/地元の移動を提供する責任を負いません。供給者は、そのような施設のために自身の取り決めを行うものとする。しかし、購買者は、インドに旅行し、政府機関が必要とする必要な証明書およびその他の情報を発行することにより、必要な許可を得て可能な範囲でサプライヤーを支援するものとします。供給者のデフォルト:供給者が勤勉と遠征をしてWORKSを実行することを怠った場合、またはWORKSに関連してエンジニアが書面で合理的な命令を拒否または怠った場合、または契約者は、サプライヤーが30日以内に通知を遵守しなかった場合、購入者は本契約の第19条に従って契約を終了することができる。

締結された保証預託

契約違反の存在および
サプライヤーの設計:サプライヤーは、附属書に記載されている仕様に従って機器を設計し、供給しなければならない(もしあれば)。サプライヤは、仕様の要件に従って装置の詳細設計を担当する。主要な変更/変更は、書面によるPURCHASERの承認のみで導入されます。交換:サプライヤーが責任を負う欠陥または損傷を被っている場合があるため、スペアパーツを含む機器またはそのコンポーネントの交換を提供する。追加注文の価格について:サプライヤーは、追加購入を行うことによって注文の範囲を拡大する必要があると考慮する必要がある場合、価格およびその他の条件は、購入者とサプライヤーが相互に合意することに同意する。
契約書の陳述および保証の条件のいずれかの違反の結果から
サポート 追加および交換のコンポーネントの説明。サプライヤーはPURCHASERにそのような交換機器を供給しなければならない更新されたドキュメンテーション部品およびコンポーネントは、一般的に、そのような修理を実施し、PURCHASERが随時必要とするような訓練支援を提供する。サプライヤーは、5年(5年間)または(相互に合意された)交換部品および作業用品が、本契約に基づいて供給された機器の各コンポーネントについて合理的な納期で相互に合意した価格で提供されることを保証します。機器の構成部品の設計を変更するか、またはその製造を中止する場合、サプライヤは、PURCHASERに適切な通知を行う。第10条:購入者の義務、必要な政府の承認を得ることは、購入者の責任である。PURCHASERは、支払期日が到来した時点で支払いを行う責任を負うものとします。

契約に入る潜在的なリスクを認識している必要があります
第11条:パッキングとマーキング、供給者は、輸送中の取り扱いを容易にし、良好な状態で目的地に到着するように、すべての品目が適切に梱包され、確保されることを保証しなければならない。すべての項目は、製造場所を離れた時点から、DIFL期間のCIF時点(インコタームズ 該当する場合)11に従ってPURCHASERが承認するまで、埃の湿気の塩やその他の気候要因から保護する必要があります。PURCHASERに言及される特別な種類の梱包については、SUPPLIERによる借方通知の提出に対するPURCHASERの追加費用が納入者に支払われるものとします。第12条:購入者のアクセス:購買者は、サーベイランスのサーベイランス調査と検証を使用し、必要なテストを合理的に実施することにより、サブサプライヤのものを含むあらゆる場所で、技術仕様書に続く技術的仕様へのアクセス(作業時間内に事前の合理的な通知があった場合のみ) PURCHASERが要求する。第13条:配達、各配達には、配達された各品目の詳細を記載した梱包リストの写しが添付されなければならない。サプライヤーは、契約書および指定されたサイトに指定された配達条件に従って、機器またはその一部を供給し、配達するものとする。

契約の期間中にサプライヤが追加のシステムまたはその一部を購買者に提供する場合締約国はかかる追加システムまたはその一部のサービスも
契約ですその目的のためにはその従業員または代理人が当該機械が設置され

サプライヤーが本契約に基づく義務を果たすことを可能にする部分的な出荷および積み込みが許可されるものとする。サプライヤーは、指定された場所への装置の到着直後に、提供された装置の構成要素のPURCHASER詳細を提供しなければならない。これらの項目は、SUPPLIERおよびPURCHASERの代表者。標準より下にあるか、梱包が不適切または不適切であることが判明した品目は、仕様に準拠するように修理または交換しなければならない。この交換または修理は、購入者、第14条:不動産のパッキング、本契約に基づく購買者の権利と救済手段を損なうことなく、本装置のサプライヤが取得した各アイテムは、すべての瑕疵担保権が無くなり、PUR-CHASERの絶対財産となる。ただし、供給者は、購入者がすべての支払義務を履行するまでは、設備上の担保権と第一の代金を支払うものとする。サプライヤーは、契約に基づいて供給されるすべての機器に、いかなる請求または拘束もない良好な権利を譲渡し、購入者は、機器の静かな所有権を享受する。